第6期 Tochigi Conservation Corps 活動報告(5月)

5月初旬、大阪からの新メンバーも加わり5名で活動を行っています。

 □現在の活動フィールド
  ・あさひが丘 整備(宇都宮市平出)
  
  ・創造の森 子どもと遊ぼうイベント の準備(宇都宮市下栗)
     
  ・幼稚園の園庭グリーン化 芝生修復作業(宇都宮市下栗)
     
  ・子どもの森 お披露目会の実施(高根沢町石末)
       

活動場所によって、遊歩道整備や草刈り、伐木処理などの作業があれば、
子どもたちと楽しく森で遊ぶためのイベントの企画運営・準備 などもあり、
自然、森林の活用方法は多岐にわたっています。

そのため、ボランティアメンバーに求められる力もさまざま。
「体力や技術」、「企画運営力・デザイン力」、「コミュニケーション力」…。

これらの力をバランスよく使うことが必要です。

一人ひとりの力を一歩一歩ずつ高めていくことも大切ですが、
ここからがチームで行う良さの一つ。

チームとして、これらの力を協力して使っていくことが大切です。

 

今のボランティアメンバーはモチベーションも高く、一つ一つのことを
一生懸命頑張っています。
少しずつチームとして何が必要か?ということが感じられているようです。

プログラムも1ヶ月半がたち、のこり1ヶ月半となりました。
一人ひとり、チーム、それぞれがどの程度成長し、力をつけることができるか?

丁度そのタイミングがきているのではとも感じます。

ここでメンバーの活動日誌をのぞいてみます。

○森のことを伝える掲示板を製作するためのミーティングを終えて
 ・自分のアイディアを理解できなかったり、自分のアイディアがちゃんと
  伝わらなかったりして、みんなに迷惑をかけてしまった。
  外国人一人だけなのも少し辛い。でも、トラブルの後は、
  みんなもそれぞれ態度が少し変わった。みんなが理解できるように、
  ゆっくり説明したり、わかりやすく話したりするようになった。
  無理しない程度にみんなで協力してがんばろう!

○森のイベント準備を振り返って
 ・今日は頭を使い、身体を使い、真剣に働いたのでとても疲れているようです。
  私もそうなのですが、疲れているとどうしても表情や態度にでてしまう
  ときがあります。でも、それは見ている方は「いいな!」とは思わないと
  思うのです。疲れているときこそ笑顔でいけるといいなと思います!
ほんの一部ですが、共同生活をしているからこそ、
楽しい時も大変な時も一緒に乗り越えていきます。

 
6月はよりメンバーのアイディアを活かしながら、
イベント開催や森で遊べるしかけづくりが進んでいきます。

また活動の様子をお伝えいたします。

 

1 comment to 第6期 Tochigi Conservation Corps 活動報告(5月)